銀歯よりセラミック

虫歯の治療において、詰め物をしなくてはならない場合、銀歯にするかセラミックにするか迷うことがあります。
最近注目のセラミックは、普通の歯と区別がつかないほどの精巧さが目立ちますが、自費治療のため高額です。
それもそのはずで、審美歯科として、銀歯で良いところをわざわざセラミックにするのですから、仕方のないことです。

セラミックもいくつか種類があって、硬い、摩耗が少ない、熱に強い、腐りにくい性質を贅沢に加工したものをファインセラミックと言います。
純度の高い微粒子を超高温で焼成されたもので、主にオールセラミック等で使用されることが多いです。

セラミックの弱点として、伸びしろがないことです。
これは陶磁器が衝撃に弱いことを証明するものですが、歯は様々な衝撃が多いところで、簡単にセラミックが破壊されたのでは困ります。
そこで、その弱点を克服すべく、割れにくい研究開発が続けられ、現在の安心安全なセラミックの歯が誕生しました。

ですから、元々高価なものというのは仕方のないことですが、保険適用ではないため、全額負担になってしまいます。
しかし、銀歯で良いという時代はそろそろ終りで、セラミックでの歯が当たり前という時代になれば、もっと安価で利用しやすいものになるでしょう。

現在はまだ、高いセラミックとして知られているため、どうしても二の足を踏んでしまう方も多いですが、高いというのは、それだけの技術が集約されているからということは理解していただきたいところです。

Copyright © 2014 セラミックの強度について All Rights Reserved.